どんな業種でも導入可能

現在では、業種にかかわらず様々な店舗がタブレットPOSを導入しています。エステや飲食店、はたまた販売店まで、売るものに関係なく扱うことが出来るのは大きなメリットだと言えるでしょう。

タブレットPOSを導入している業種ランキング

no.1

使いやすいというメリットを活かしやすい飲食店

居酒屋やラーメン店といった飲食店でのタブレットPOS導入が増加しています。飲食店は学生バイトが多く従業員の入れ替わりも激しいですが、操作を覚えやすいタブレットPOSなら細かい研修に時間をかけすぎることがありません。

no.2

美容サービス店導入で店内をオシャレに

タブレット端末はデザインもオシャレなので、店内を彩るオブジェとしても役立ってくれます。そのため、店作りにこだわるエステなどの美容店でも導入するケースが増えているのです。

no.3

アパレル業でのメリットは大きい

洋服店などの店舗は、衣服を畳むためにレジスペースを広めに確保している場合が多いです。タブレットPOSは場所を取らないので、レジスペースを効率よく使用することが出来るでしょう。

no.4

小売店導入で適切な在庫処分

取扱商品が豊富で在庫管理に手間がかかる小売店なら、POSレジの恩恵を受けることが出来ます。商品ごとの売れ行きを細かく集計することが出来るので、不良在庫の処分に一役買ってくれるでしょう。

no.5

設営・撤収が必要なイベント会場でも

イベント会場で商品を出品する際にもタブレットPOSは役立ちます。スタッフが直感的に操作できるだけでなく、軽量で場所を取らないタブレットならイベント前の設営から終了後の撤収作業も素早く終えることが出来るでしょう。

業種にかかわらず導入できる

店舗

ネットワーク環境が必須

タブレットPOSレジを導入する際に欠かせないのが「ネットワーク環境」です。POSアプリはインターネット接続によって売上データを管理しているため、ネットワーク環境の整備は必須といえます。

ネットワークを整備するもう一つのメリット

タブレット用にネットワーク環境を整備することで、店内へのフリーWi-Fi導入なども簡単になります。フリーWi-Fiを導入することで顧客も入りやすくなるため、メリットは多いと言えるでしょう。

Wi-Fi使用時の注意点

ただし、セキュリティの面から考えると、POS端末と顧客の端末を同じネットワーク上に共存させるのは得策ではありません。Wi-Fiルーターを分けるなどして、ネットワークをなるべく分けるようにしましょう。

ネットワーク整備も行ってくれる

タブレットPOSを導入する際には、店舗のネットワーク整備を業者に依頼することも出来ます。ネットワークの敷設は素人が行えない作業となっているので、専門家に任せることで正常なネット環境が整えられるでしょう。