アプリで導入するタブレットPOSレジ

レジにこだわる大切さ

飲食店や販売店など来客のあるサービスを経営する際に、殆どの店舗で導入しているのがレジです。レジは「売上を管理するための道具」というのが本来の役割ですが、現在ではそれ以上の付加価値を持つレジが数多く存在しており、レジをどうこだわるかが店舗の隆盛を左右すると言っても過言ではありません。

効率的なレジ

店員

タブレット端末をレジに

レジといえば、金庫に電卓やパソコンをプラスしたような大型のものを想像する方が多いでしょう。しかしここ数年、で激増しているのが、タブレット端末に搭載する新しいタイプのPOSレジです。

POSレジとは

POSレジとは、商品や売上をネットワークで管理し、金銭のやり取りだけでなく商品管理のシステム化や売上データの集積が可能なレジのことです。今販売店で使用されているバーコードリーダーやディスプレイ付きのレジは、ほぼPOSレジだと言っても過言ではないでしょう。

次世代の新しいレジ

そんなPOSレジをシンプルに、省スペースに、そして誰にでも扱いやすく進化させたものがタブレットタイプのPOSレジです。こちらはタブレット端末にアプリをインストールすることで簡単に使用可能なことから、今では多くの店舗で導入されています。

扱いやすく時短にもつながる

タブレット用POSレジのアプリは、他の一般的なアプリと同じような操作性で扱うことが出来ます。複雑なボタン操作も従来に比べるとかなり覚えやすいため、会計時間が短縮できるだけでなく、新人のレジ研修期間も短く抑えることが出来るでしょう。

様々な角度から効率化を図れます

また、タブレット端末は携行性が高く、他のアプリも導入できるため汎用性も高いです。更にクラウドサービスを利用すればデータのバックアップも簡単なので、レジ端末としても見ても適合性はかなり高いと言えるでしょう。